上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道のフェアトレード団体「ほっかいどうピーストレード」さんからライブのお知らせが届きました!!

北海道発フェアトレード商品「マウベシコーヒー」でおなじみの東ティモールのミュージシャン、エゴ・レモスさんのライブです!!

以下転載です。



東ティモールから届く平和の歌声
エゴ・レモス ライブ in Sapporo


バリ島の東に位置し、エメラルドグリーンの海と豊かな自然に囲まれた東ティモール。

長年の植民地支配とインドネシアによる軍事占領、そして1999年、独立を選択した住民投票後の破壊と暴力という数々の苦難を乗り越え、2002年5月20日に独立を果たしました。

独立から8年たった現在も主な収入はコーヒー生産、貧困や若年層の失業問題など数々の課題は残っています。
そんな困難の中で、東ティモールの人びとは歌を忘れません。村でも町でもギターを片手に歌う人たちがいます。 
独立前からの東ティモールの民衆の闘い、悲しみ、苦しみ、喜び、そして平和への思いを歌ってきたエゴ・レモスさんを招き、ライブコンサートを開催します。

とき 10月26日(火) 午後7時~8時30分 (開場 午後6時30分)

ところ Cafe Bar 19(カフェバージューク)TEL011-824-2699
白石区菊水3-1-8-5フロンティア菊水ビル1F(地下鉄『東西線』菊水駅出口1を出て右手すぐの中通り) 

入場料 予約2000円(ワン・ドリンク付) 当日2500円

主催(予約申し込み先) ほっかいどうピーストレード 
FAX 011-812-4377 hptrade@ivory.plala.or.jp お問い合わせは 090-8897-3134

■エゴ・レモス (Eugenio Fatima Sousa do Rego)
1972年東ティモール生まれ。パーマカルチャーの実践者であり、ミュージシャン。
1999年の騒乱では父と祖父を失う。平和や自然、持続可能な開発について世界各国で講演活動を行なう中、2006年にオーストラリアのアボリジニ音楽家として著名なGeoffrey Gurrumul Yunupinguにその歌声とリズムを認められ、オーストラリアでのメジャーデビューを果たす。
2009年に同国で公開された映画『バリボ(Balibo)』の主題歌を手がけ、最優秀オリジナル映画曲作曲賞”Best Original Song Composed for Screen at the 2009 APRA Screen Music Awards”を受賞した。
スポンサーサイト
NEXT Entry
10月22日 お食事つきトーク交流会「bioナイト」 
NEW Topics
6月28日(講演会『社会的金融とマイクロファイナンス』
6
1月22日「フェアトレード×さっぽろ Vol.3」開催します!
明日から!クリスマスフェアトレード2011
フェアトレードフェスタ2011inさっぽろのホームページができました。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ツイッター

fairtra_do < > Reload

全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
検索

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。