上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェアトレードフェスタの前に北星フェアトレードのイベントで講演される長坂さんが、同日に北海学園大学でも講演をされる事になったそうです。
無料ですよキラキラ

以下転載です。

テーマ:「地域社会とフェアトレード
~札幌フェアトレード都市宣言の意義と課題」

講 師:長坂 寿久 氏(拓殖大学教授)

1.日 時:2009(平成21)年6月26日(金) 14:30~16:30

2.場 所:北海学園大学 7号館3階 D31(札幌市豊平区旭町4丁目1番40号)

3. 参加料無料

<概要>
経済のグローバル化、流通の広域化が進む今日、日常生活には外国製品が溢れていますが、それらが途上国の貧困の一因となり、生産現場では人権侵害や児童労働が行われていても、我々消費者にはそれが見えにくくなっているという現実があります。
こうした現状を日常の消費行動から解決しようという取組がヨーロッパを中心に世界的な広がりを見せています。発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを通じ、立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す運動であるフェアトレード(公正取引or公平貿易)です。これは、連帯経済の一翼を担う活動でもあります。
ヨーロッパでは、市民団体と行政が連携してフェアトレード商品の普及を図っていく「フェアトレード都市宣言」として結実しつつあり、更には近年の「企業の社会的責任(CSR)」という潮流の中で企業との連携も拡大しつつあります。こうした世界的潮流の中で、札幌市でも市民団体が中心となり、「日本初のフェアトレード都市宣言」を目指す動きが展開されつつあります。
本講演会(公開研究会)では、フェアトレードについて長きに渡って取り組んでこられた長坂寿久氏(拓殖大学教授)に、フェアトレードの仕組みの解説と、札幌で「フェアトレード都市宣言」を実現する意義とそのプロセスについてお話頂きます。
<講師略歴>
明治大学卒業後、日本貿易振興機構(ジェトロ)勤務(シドニー、ニューヨーク、アムステルダムに駐在)。1999年から拓殖大学教授。
<主要著作>
『日本のフェアトレード―世界を変える希望の貿易』(明石書店2008年)、『NGO発、「市民社会力」―新しい世界モデルへ』(明石書店2007年)、『映画で読む21世紀―世紀末の映像と来たるべき世界』(明石書店2002年)など

□交通案内
地下鉄
東豊線「学園前」下車(駅直結・札幌駅より6分)
南北線「中島公園」「平岸」下車徒歩15分

<問合せ先>
電話:011-841-1161 (内線:2254) 開発研究所
電話:011-841-1161 (内線:2220) 経済学部

<主催>
北海学園大学開発研究所
道州制に係る研究会(代表:高原一隆経済学部教授)
北海学園大学経済学部


北海学園大学経済学部地域経済学科
平野 研
スポンサーサイト
NEXT Entry
エコを目指すけどエコじゃない一面
NEW Topics
6月28日(講演会『社会的金融とマイクロファイナンス』
6
1月22日「フェアトレード×さっぽろ Vol.3」開催します!
明日から!クリスマスフェアトレード2011
フェアトレードフェスタ2011inさっぽろのホームページができました。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ツイッター

fairtra_do < > Reload

全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
検索

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。