上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回お知らせしたイベントの詳細が決まりましたので再度お知らせ。

『カカオ豆から手作りする 
フェアトレードチョコレート』


日時:2011年2月6日(日)
13:30~17:00
場所:北区民センター
札幌市北区北25条西6丁目 北24条駅徒歩7分
地図はコチラ

参加費:1500円(準備がある為予約をお願いします。)
主催:フェアトレード北海道

ドミニカ共和国カカオ生産者連合「コナカド」から輸入した
フェアトレード・オーガニックカカオを使い、
チョコレートの手作り体験してみませんか?

フェアトレードカカオ豆と道産ミルクを使って作った
ミルクチョコレートのお土産つきです。

お申し込みは
TEL&FAX:011-596-8114(Earth Cover南2条店内)
info@earthcover.com



~甘いチョコレートの苦い現実~
その甘さと香りで私達をうっとりとさせてくれるチョコレート。

しかし、その原料となるカカオ豆を育てる生産者と、消費する私達の間のつながりには、あまり知られていない苦い現実があります。

その一つは児童労働です。カカオ豆の主な生産地のアフリカでは、まだ25万人近くの子供たちが農場で働かされています。私達が普段口にするチョコレートは、子供たちの従順さと安い労働コストによって支えられているのです。もう一つの苦い現実は、化学肥料と農薬の使用です。農薬は生産者の健康を直接害するだけでなく、消費者への長期的な影響も心配です。

フェアトレードのカカオ豆は、児童労働が行われておらず、有機栽培を心がけている小規模生産者のカカオ豆を国際市場の変動に関わらない安定的な価格で直接仕入れています。今回のワークショップに使用するカカオ豆は、ドミニカ共和国の生産者がこのフェアトレードの基準に沿って生産し輸出したものです。世界の他の地域にもこのフェアトレードの輪が広がれば、チョコレートをめぐる苦い現実を少しでも減らしてゆくことができます。

私達一人ひとりの消費者がフェアトレードを選ぶこと、その小さな選択が世界を変える力になります。



ご参加お待ちしてます。
スポンサーサイト
NEXT Entry
1月20日。今年のフェアトレードフェスタに向けて、ミーティングします。
NEW Topics
6月28日(講演会『社会的金融とマイクロファイナンス』
6
1月22日「フェアトレード×さっぽろ Vol.3」開催します!
明日から!クリスマスフェアトレード2011
フェアトレードフェスタ2011inさっぽろのホームページができました。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ツイッター

fairtra_do < > Reload

全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
検索

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。