上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前お知らせした、ピーストレードの講座がいよいよ明日開催です!

再度お知らせします。
お見逃しなくっ!!

img20090618.gif
北海道発・フェアトレード団体「ほっかいどうピーストレード」の連続講座のお知らせです。

イギリスのフェアトレード事情や東ティモールコーヒー農園の報告などいつも貴重なお話が聞けるこの講座。今回はインドネシアのボルネオ島のお話です。

ぴーすとれーど講座Vol.9 
「インドネシアで広がる油 ヤシ農園と消えてゆく熱帯林 ボルネオ島からの報告」

インドネシアはマレーシアと並んで、世界最大のパーム油生産国です。
パーム油は輸出されて洗剤、食品、バイオ燃料など幅広く利用される便利な産品です。
しかし、その原材料となる油ヤシの農園開発が木材伐採跡地に急速に進み、このままだと熱帯林もそこに住む動物たちも近い将来に地球から消えてしまうでしょう。
急激な森林減少を食い止めるためには!?近年農園開発が急速に進むボルネオ島の報告から、いっしょに考えていきたいと思います。

講師:浦野真理子(北星学園大学教員)

・とき:6月18日(木)午後7時から

・ところ:ほっかいどうピーストレード
(札幌市白石区菊水3条1丁目6-12
これからや2階  地下鉄東西線「菊水駅」1番出口)

・参加費 500円(マウベシ珈琲付き)

・主催・問い合わせ先 
ほっかかいどうピーストレード
hptrade@ivory.plala.or.jp 
電話・FAX 011-812-4377


浦野真理子さんプロフィール

北星学園大学 経済学部経済学科 教員
アジア経済論、開発経済論などの授業を担当。
インドネシア側のボルネオ島に住む少数民族であるダヤク人のコミュニティーを例にとり、少数民族の文化や社会が森林開発やプランテーションの拡大のなかでどのように変化してきたかを研究している。
1992年、熱帯林行動ネットワークの活動を通じて初めてボルネオ島を訪れて以来、ボルネオ島の森林地帯に定期的に滞在や訪問を繰り返している。
スポンサーサイト
NEXT Entry
ステージプログラム完成!
NEW Topics
6月28日(講演会『社会的金融とマイクロファイナンス』
6
1月22日「フェアトレード×さっぽろ Vol.3」開催します!
明日から!クリスマスフェアトレード2011
フェアトレードフェスタ2011inさっぽろのホームページができました。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ツイッター

fairtra_do < > Reload

全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
検索

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。